相手のルーツを聞くことって大切!

2012.04.03CRM

相手のルーツを聞くことって大切!

 

相手のルーツを聞くことって大事だと思う。

~福本アキラの言葉~

 

おはようございます!

 

 

私の新入社員時代。

社会にでて右も左もわからず、自分の何もできなさにとにかく、不安と葛藤の毎日でした。

 

そういえば、配属初日から、福岡でパンの品揃え、価格の全品調査、競合店3店舗、1人でやってたなー。

パン屋さんの中で、お客さんのおばさんに白い目で見られ、変人扱いされながら、冷や汗もんで調査してたのを思い出しました。(笑)

 

船井総研 上席コンサルタント 福本アキラの「顧客作りのツボ」-マイクロカセットレコーダー

 

マイクロカセットレコーダー これが調査用7つ道具の定番でした!

このテープが50cmくらい積み上がった状態になると、徹夜の連チャン(笑)

しかし、今こんなの使って調査する人いないでしょうね。

 

 

さすが、デジタル時代!時代の流れ感じます!

最近思うのは、ちゃんとコミュニケーションを取るにはお客さんとか、先輩、上司、部下、のルーツをしっかり聞くことが、大切だってこと。

 

人ってその人のルーツや歴史を知ると、相手に好意を持つこと、僕は多いと思います。

 

 

 

特に、中小企業さんの社長さんは、苦労されている方が当たり前だけど多い。

その現在に至る変遷をしっかり聞く。とにかく聞く。

 

 

僕のお客さんも面白い方多いです。

 

例えば

 ・1人で露天商から始めた社長

  (これは、3人くらいいるなー。)

 ・元伝説サーファーの社長

 ・元プロボクサーの社長

 ・会長の息子の家庭教師から社長まで出世された社長

 

 

そういう人生聞くのって個人的には大好きです。

 

現在に至る歴史をたどると、現在の事情の理由が少しわかる気がするんです。

そして、コミュニケーションがしっかりできる気がします。

 

 

今日は、セミナーです!一日楽しんで頑張ります!

今日も皆さんにとって素晴らしい1日でありますように!

 

 

 

メールマガジン登録

元船井総研上席コンサルタント。流通小売業界、住宅不動産業界、通販業界、飲食・食品業界のコンサルティングを経て、2000年に、リユース業界向けコンサルティング部門を立ち上げ、全国各地に600店舗のクライアントを持つ部門に育てる。リユース業界のエキスパートとして、株式上場企業など数多くの急成長企業を作り出してきた。後、2017年2月に船井総合研究所を退職し、2017年3月にコンサルティング会社(株式会社A−DOS)を設立する。 現在、「企業の”あり方”と”やり方”をつなげて、”理念”を”利益”に変える」をモットーにコンサルティングを行っている。リユース業界向けには、TRCコンサルティングを立ち上げ、リユース企業への幅広い支援を行っている。

の最新記事

CRMの最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日9:00~18:00