マーケットシェア獲得発想は、通用しない時代に突入!

2012.04.02マーケティング

マーケットシェア発想

 

マーケットシェアの獲得向上は目指したことありません。

あくまで、一中小企業にすぎない我々は、現実的に”小”であることを徹底的に自覚し、

そこに居直り、ないものねだりをせず、

「明日は、小さな一流企業になろう!」をスローガンにしてきました。

 

元ハーレーダビッドソン代表 奥井 俊文氏の言葉

船井総研 上席コンサルタント 福本アキラの「顧客作りのツボ」-ハーレーダビッドソン

 

 

おはようございます。

ハーレー大好きコンサルタントの福本アキラです。

 

新年度が始まった会社も多いと思います。

私も心機一転、精進していこうと思います。

 

 

マーケットシェア発想は、他社との比較からの発想です。

比較という判断基準から解き放たれた時、地に足のついた独自化路線が発揮できると思います。

 

伸びている市場はいいかもしれませんが、

日本ではほとんどの、業種、業態の市場全体のパイは伸びません。

 

市場(顧客)が求めているのは、より生活を豊かにしてくれる商品やサービスであって、他社との競争力ではありません。

 

 

中小企業がやらないといけないのは、独自化=ファーストワン・オンリーワンの戦略です。

その中でも、会社1人1人のスタッフが、代替が利かない人間になれるか?と思っているか?が鍵だと思います。

 

ただ、その時の注意点が、他人との比較ではなく、

自分がどの1点でお客さんにお役に立つのか?という地に足のついた強い意志だと思います。

 

 

強い意志がないと、ちょっと向かい風が吹くと、軸がぶれてしまいます。

(そういう私も、軸がぶれてしまいそうになりますが・・・。足元しっかり!)

 

そんな時は、自分の原点にもどったり、自分の本当にやるべきことはなにか?を考えたり、

とにかく行動を起こすことで、何かを思い出すのがいいかもしれません。

 

 

今日も、あなたにとって素晴らしい1日で

ありますように!

 

 

 

メールマガジン登録

の最新記事

マーケティングの最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日9:00~18:00