SNSのマーケティングより大事な商売の原点

2012.03.21SNS

 

今日は今から、2012年初のセミナーのまとめ講座です。

今年はあえてあまりセミナーをやってない。

 

福本アキラの「顧客作りのツボ」-セミナーの様子

 

私は最後に登場します!”いい場”創りたいですねー。

 

昨日は、10年間毎月コンサルティングに お伺いしている元宝石メーカーのリサイクル事業 をされている会社の社員勉強会でした。

(10年でゼロから10億くらいの事業に成長されました。)

 

福本アキラの「顧客作りのツボ」

 

社員勉強会の様子。店を休んで参加して頂きました。

すごく楽しかったです。 昼からの講演だったので眠くならないか? 心配でしたが、楽しく聞いて頂いた様子で とってもよかったです。

 

福本アキラの「顧客作りのツボ」

 

各チームに分かれてブレインストーミング中! これは何回やっても楽しいですね。

 

お題は『既存客に再来店してもらうには? 何をしたらいいか?』

部長さんに教えてもらったんですが あるお店のA子さんは、お店の半分くらいの 売上を1人で作られるそうです。

会社の中でも常にトップセールスらしいんです。

(この方一人の売上を聞いてビックリ!  リサイクル業界平均の2.5倍くらい  売られています。)

 

 

その方のポケットには、いつもいっぱい メモが入っているんですって。

何のメモかというと、お客様との会話のメモ名前は?

どこに住んでいるか? 仕事は何か? 家族構成は? 何を買っていったか? どんな趣味をもっているのか?のメモらしい。

 

 

すぐに書かないと 忘れてしまうので、すぐ書いて ポケットに入れておくらしいのです。

よく売る販売員さんってすごいですよね。

 

前にもブログで紹介しましたが、2年も3年も前の私が買った商品を覚えていたり、

どんな職業か?なんかを絶対覚えていたりします。

 

 

こういう地道な努力があって、成り立ってるんだなーって改めてリスペクトしちゃいます。

 

ソーシャルメディアの時代になっても、リアルなそういうコミュニケーションスキルって絶対に大切です。

ソーシャルメディア時代だからこそ、大切なのかもしれません。

 

だって、ネットで出会ったとしてもリアルで出会ったとしても、そこにコミュニケーションが上手でないと関係は構築できませんから。

 

 

福本アキラの「顧客作りのツボ」

 

 

私が行っている美容室のチェリンちゃん。

かなりなついて、いつも膝の上に乗ってきます。

 

 

リアルなお店で大切なのは当たり前ですが

 

①お客様の顔と名前を覚える。

②笑顔で対応する。

③こっちの言いたいことではなくて、お客様の聞きたいことを情報発信する。もしくは聞く。

 

そういう事を無視して、いくらテクニック的なネットマーケティングや、

ソーシャルメディアマーケティングとかいろいろやってもあんまり、意味がない気がします。

 

どんどんこれから商売が原点に戻っていく感じがします。

いい時代にしたいですね!

 

 

HAVE A FUN! IN EVERY WAY!

メールマガジン登録

元船井総研上席コンサルタント。流通小売業界、住宅不動産業界、通販業界、飲食・食品業界のコンサルティングを経て、2000年に、リユース業界向けコンサルティング部門を立ち上げ、全国各地に600店舗のクライアントを持つ部門に育てる。リユース業界のエキスパートとして、株式上場企業など数多くの急成長企業を作り出してきた。後、2017年2月に船井総合研究所を退職し、2017年3月にコンサルティング会社(株式会社A−DOS)を設立する。 現在、「企業の”あり方”と”やり方”をつなげて、”理念”を”利益”に変える」をモットーにコンサルティングを行っている。リユース業界向けには、TRCコンサルティングを立ち上げ、リユース企業への幅広い支援を行っている。

の最新記事

SNSの最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日9:00~18:00