今、リユース業界で一体、 何が起きているのか?

2018.05.11業界動向

TRCリユースコンサルティング

 

こんにちは、リユース業界専門コンサルティングサービスTRCリユースコンサルティングを主催しております

株式会社A-DOSの福本晃(ふくもとあきら)と申します。

 

 

TRCコンサルティングは、Tommorow R euse C reative の頭文字をとった形で、

「明日のリユースを創造する」ことをミッションにし、

リユース企業様の業績UPを通じてリユース業界の発展に貢献していくことを目的として設立致しました。

 

 

現在、リユース業界を取り巻く外部環境は、フリマアプリなどのC to Cマーケットの台頭、AI鑑定、大手リユース企業のM&A、オープン型マーケットプレイスの乱立、などスピードを増して刻一刻と変化をしています。

 

 

その中でリユース企業の経営者様は、以下の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

「ここ数年、買取が減ってきてるけど、やっぱりメルカリのせいかなあ?!」
「最近、利益率が落ちているんだよなあ・・・。やっぱり買取競争が原因かなあ。」
「昔みたいに店頭に在庫を積んでも、売れないのはどうして?」
「ネット販売には力を入れていきたいけど、得意なスタッフがいないんだよなあ・・・。」
「人の募集しても、とにかく応募がないんだよなあ・・・。」
「思い切って、会社の方向性を変えたいけど、社内がついてきてくれないんだよなあ・・・。」
「フリマアプリ、AI査定、即金アプリ・・・時代についていけないなあ・・・。」

 

内部環境に目をやっても、リアル店舗の売上減少、買取減少、採用難、教育に時間がさけない、幹部育成、後継者問題など、課題もたくさんあると思います。

 

さらには、モノが飽和していると言われて久しく、現代の消費行動は、一筋縄ではいかないのが現状ではないでしょうか?

私自身も、20年間このリユース業界のコンサルティングをしていて、ここまでの変化が求められている局面は初めてです。

 

 

今まさに、リユース業界の地殻変動が起きていると思います。

どんな地殻変動かというと大きくは3つあります。

 

 

リユース業界3つの地殻変動とは?

 

1.粗利率ダウン 回転率アップの時代

ネットリユース企業中心に、回転率の速いビジネスモデルが勢いを増す中、リアル店舗中心のリユース企業の多くは、商品回転率を落としています。

リアル店舗ならではの機能や役割を認識し、ネット販売とのバランスをどう取るか?が問われています。

 

2.一億総“商人”時代

メルカリを代表とするCtoCマーケットユーザーが急増する中、消費者一人一人が商人となり売る前提でモノを買う消費スタイルに変化してきました。

今後リセールバリューが高い商品を選択する消費者も増えてくる状況下で、リユースショップもその消費スタイルに合わせたモノの提供の仕方、販売、買取訴求ポイント、を考える必要があります。

 

3.消費者が“自分で査定する”時代

AI技術などのテクノロジーの進化により、無料アプリで査定できる商品も増えてきましたお店に行かずとも、消費者は自分の所有物の価値を知ることができるようになりました。

つまり、お店が持っている情報と消費者が持っている情報が同じもしくは、消費者が持っている情報が上回ってきている状況なのです。

 


 

ただし、こうした大変革期の中でも大小問わず業績好調のリユース企業があります。

 

その業績好調リユース企業の5つの特徴は、表紙面にも掲載させて頂いた“5つの方向性”の一つ以上取り組まれていらっしゃる企業です。

 

 

リユース業界5つの方向性

TRCリユースコンサルティング

 

① 専門性・・・リユースのプロフェッショナルしかできない仕事をしている!

② WEB・EC・システム化・無人化・・・新しいテクノロジーを使い実践している!

③ 顧客化・会員化・・・顧客の質と数にこだわっている!

④ 新品と中古の融合・・・モノの価値が視覚化・一般化され、買取の専売特許が移行する?!

⑤ モノ▶コトへのシフト・・・情熱がわく事業の本質的な目的が問われている!!

 

 

この5つです。正直どれから、何を取り組んでいくのか?

その答えは、もちろん1社1社違うと思います。

 

 

事業領域・規模・年数、事業観などそれぞれの状況の中で、

正直、私どももすべての会社様のお役に立てるとは考えておりません。

 

リユース業を生業とし、スタッフさんと一緒に、新しい未来にチャレンジしたい意志のある方々とご一緒に、歩んでいけたらと思っております。

 

 

ただし、厳しい言い方かもしれませんが、この業界の大変革機に、時流に柔軟に適応し、新しい会社のカタチ・ビジネスモデルに変化できない会社は、生き残ることは難しくなると思います。

今回のセミナーでは、リユース業界の時流を知って頂き、他社の事例を聞きながら、自社の方向性を考える有意義な時間にして頂けたらと思います。

 

セミナーについて、詳しくはこちらをご確認下さい。

リユース業界大転換期経営戦略セミナー

https://seminar.reuse-consulting.com/

 

 

また、私自身としても2年ぶりにセミナーには登壇しますので、前向きな皆様と元気にお会いできる事を楽しみにしております。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

メールマガジン登録

元船井総研上席コンサルタント。流通小売業界、住宅不動産業界、通販業界、飲食・食品業界のコンサルティングを経て、2000年に、リユース業界向けコンサルティング部門を立ち上げ、全国各地に600店舗のクライアントを持つ部門に育てる。リユース業界のエキスパートとして、株式上場企業など数多くの急成長企業を作り出してきた。後、2017年2月に船井総合研究所を退職し、2017年3月にコンサルティング会社(株式会社A−DOS)を設立する。 現在、「企業の”あり方”と”やり方”をつなげて、”理念”を”利益”に変える」をモットーにコンサルティングを行っている。リユース業界向けには、TRCコンサルティングを立ち上げ、リユース企業への幅広い支援を行っている。

の最新記事

業界動向の最新記事

Contact US

只今、無料経営相談を承っております。

お電話またはメールにて問い合わせください。
電話受付:平日9:00~18:00